大阪・梅田のコワーキング図書館。月会費5,800円。コワーキングスペース、住所利用、電話取次ぎも。
TwitterFacebookGoogle
大阪市北区西天満4丁目11-8-701(MAP)

06-6809-5827(お問合せ)

平日
13~22時
土日祝
13~20時
休業
月曜日/祝日の翌日

漫画は日本の文化だ!~漫画の読書会~ 

今回のテーマは「「女心は難しい」と思う漫画」

 

イベントレポート

「女心と秋の空」なんて言葉があるくらい、女性の気持ちは変わりやすいと言われますが、今回はそんな女心にスポットを当て、男性の意見を聞いてみようという下心ありの回でした。

が、それを察知されたのか、普段は男性のほうが多い会なのに、今回は女性ばかりが参加表明をされていました。

下心があると何でも良くないなと諦めたところに、男性お一人が急に参加できることに。

紅一点ならぬ男性お一人に女性4人という構成で今回の漫画の会は行われました。

 

さて、どんな漫画が紹介されたかは、これから書いていきますが、個人的には今までで一番面白いと思える、自分が読みたいと思える漫画ばかりでした。

テーマを絞りすぎたかなと思わなくもなかったのですが、その分、いつも以上に興味深い漫画が紹介されたなと思いました。その分、選ばれた皆さんもいろいろと悩まれたようです。

 

ちなみに私はいろいろと考えたのですが、昔は、

・こんな登場人物ありえない

・私だったらこの道は絶対に選ばない

・信じられない展開だ(登場人物の言動で)

などなどいろいろと憤りやら、何やらがあったのですが、改めて今回紹介する漫画をあれこれと思い描いてみると、そういう気持ちがないんですよね。

・漫画家は人間心理を良く分かっている

・さすがの展開

・こういう気持ちもあり得るよね・・・

それだけ漫画にのめりこめなくなったのか、いろんな価値観があると少しは成長したのか、あるいは・・・ということで、結局紹介する漫画が見つからず、皆さんの紹介を聞いていました。

 

自己紹介の際は最近1ヶ月で読んだ漫画の冊数を紹介。

今回は、紹介する漫画の巻数の多い人から紹介していこうということに。

 

まずはTさん(今回唯一の男性参加者)

最近読んだ漫画

週に雑誌3冊 12~15冊、漫画ボックス(アプリ)から、3冊、週刊プレイボーイ電子連載1冊

コミックは、 『ライアーゲーム』、『ジョジョ』の最新刊、歯医者で読んだ 『ゴルゴ13』

 

『あしたのジョー』全20巻

 

主人公、矢吹のライバル力石を好きだった、しらきようこ、力石が亡くなったあとに、矢吹を好きになり・・・という話に、参加者のHさんより、「ツンデれの女王ですよね」との感想が。

 

持ってきたお菓子:カルピス(燃え尽きて真っ白(有名なラストシーン)としらきようこをかけて)

 

『プリティフェイス』全6巻

 

不良(男)が事故にあって、なぜか勝手に整形されて、女の子の顔にされる、その顔が好きな女の子と瓜二つという設定。主人公は身体は男のまま、女性として生活していくが、その中で、女性や女心が分からず大変な思いをするというギャグ漫画。

『いちご100%』と同じ時期の漫画だそうです。

 

持ってきたお菓子:リラックマのお菓子(プリティなお菓子)

 

男女入れ替わりの話がテーマのものも面白いかもねということでした。

意外にいろいろとあります。ただ、男性が女性の中に入っていくほうが大変そうということでこの場では意見が一致。いつか取り上げたいテーマです。

 

次にSさん

最近は、週に雑誌3冊 12~15冊くらい読んでいるとのこと。

『キスよりも早く』全12巻

「女の人はこんな漫画が好きなのかと思った」というのが、Sさん(女性)の第一声。

ストーリーは、両親をなくした姉弟が生活に行き詰ったときに、姉の高校の先生が助けてくれるが、大人を信用できない子になっていた姉が先生に「結婚して養ってくれるの?」という一言で結婚することに。その生活を書いた漫画。

女の人はそれで嬉しいの?と思ったとのこと。私が「実はその先生が初恋の人だったという落ちではないか」と調べてみたところ、そうでもないようで・・・。

 

持ってきたお菓子:甘い感じでチョコレート

Kさんより、この作者の『お迎えです』がいいとのこと。

いい話で、シリアスもコメディーも含まれて、バランスよく楽しめる漫画が描ける漫画家さんだと思っていたが、だんだん話があまあまになっていっている、つまり、世の女性は恋愛ものが好きだということなんだなと思った。

これにはまらなかった女性が「花ゆめ」「LaLa」(どちらも少女向け月刊漫画雑誌)にはまるのではないかと。

この指摘は一同納得。私も「花ゆめ」が好きでした。

 

Kさん

最近読んだ漫画は自分の蔵書30冊くらいと『寄生獣新装版』10巻

 

「モテキ」

映画化もされましたが、恋愛にオクテな主人公(男性)にモテキが到来し、3人の女性に振り回される?という漫画。女性の漫画家さんだからか、女性の悪いところも書いているところが面白いそうですが、今回は、この作品も迷ったけど、本がなかったため、

『脳内ポイズンベリー』

年明け映画化の予定だそうです。

ちなみに、少し前にドラマ化された、

『失恋ショコラティエ』

と同じ作者さん。

 

女心を理解する漫画として、女性は共感、男性は女性心理の一端が見えるのではと紹介してくれました。

主人公いちこちゃんの中では、脳内会議(5人の人格?)が行われていて、好きな男性を前に、頭の中で5人の人格が会議をしている様子が繰り広げられます。

女の人は一言で表せない、いろんな自分があるところが、男の人から分からないといわれる部分がわかるんじゃないかと思い、その部分がそうそうと共感できるのと、天使と悪魔という構図は漫画でもよくあるけれど、「5人の脳内会議」という設定が面白い。

持ってきたお菓子:ポイズンベリーなので、ベリー入りクッキー

 

Tさんより、映画、「アイデンティ」を思い出すとのコメントが。

 

次は、Hさん

雑誌は定期的に読まないが、Kさんの蔵書を一気に読んだ

 

「プランツドール 観用少女」

プランツドール=生き人形

人間の女の子と同じように食べたり寝たりするという設定で、ずっと少女の姿でいること、砂糖菓子とミルクしか受け付けないが、それ以外のものを与えると大人になるという設定。

お金を持っていて、かつ人形自身が買い手を気に入って、そして購入後も愛さないといなくなってしまう。

ホラー、ラブコメなどが1話完結の漫画。

女心として、やっぱり自分が好きになった人に愛してもらうときが一番幸せで一番輝いているんだなと間接的に書かれているなと思ったとのこと。う~ん、本当にそうだと思います。

持ってきたお菓子:砂糖菓子を連想して、こんぺいとう

 

このあとは、ラーメン部の活動。

せっかくなので、ページを設けてまとめてみました。

今回食べに行ったお店については、こちらをご覧ください。

大阪麺哲さん

 

イベント告知

 

今回のテーマは「「女心は難しい」と思う漫画」

 

  • 漫画に感動したこと
  • 漫画がきっかけで興味を持ったこと
  • 漫画だから理解できたこと

漫画好きな皆さんの思いを、語る場所がここです。

 

「自分の知らない、こんな面白い漫画があるのか」

「漫画を通して、その人を知ることができて面白い」

「共通の話題があると、初対面の人とでも打ち解けられる」

そんな漫画の読書会です。

マンガが好きな方ならお気軽にご参加ください!

 

今回は、“女心と秋の空”というほど移り気と言われる女心。

そんな女心は分かんないよね~という漫画、漫画のシーンをご紹介ください。

男性はもちろん、女性もこの考えは納得いかない(笑)など思われた漫画をお持ちください。

漫画の現物がなくてもPCで表紙などを見てもらいながらの

プレゼンでも大丈夫です(*PCは準備しています)

 

日 時:10月28日(火)19時~

場 所:Biz Library(大阪市北区西天満4-11-8 老松通りビルディング 701)

対 象:マンガが好きならそれだけでOK

参加費:会員:無料 一般:500円

持参するもの:「「女心は難しい」と思う漫画」

漫画をイメージするお菓子(食べ物)か飲み物

内 容:持ち寄ったお菓子(食べ物)や飲み物を飲食しながら漫画について

話して、聴いて、漫画の情報も得て、楽しく交流したいと思います。

 

ラーメン部の活動始めます♪

読書会後に美味しいラーメンを食べながら、漫画についてさらに語りませんか?

Biz Libraryから徒歩圏内の美味しいラーメン屋さんに行きます(希望者・実費)。

日時:漫画の読書会終了後の21時~

ラーメン屋さん:希望者で行きたいラーメン屋さんに行きます