大阪・梅田のコワーキング図書館。月会費5,800円。コワーキングスペース、住所利用、電話取次ぎも。
TwitterFacebookGoogle
大阪市北区西天満4丁目11-8-701(MAP)

06-6809-5827(お問合せ)

平日
13~22時
土日祝
13~20時
休業
月曜日/祝日の翌日

漫画は日本の文化だ!~漫画の読書会~ 

 

今回のテーマは「心があったかくなる」漫画

 

 イベントレポート

2月は1年でも一番寒い時期、そんな季節に漫画でココロからあったまろうと考え今回のテーマは、

「心があったかくなる」漫画です。

 

今回は寒い時期にも関わらず、たくさんの方に参加していただきました。

 

まずは、初参加のKさんから。

修学旅行で苛められていた主人公を助けた空手家の友人に、「身体が大きいのに弱い」と言われたことが悔しくて空手を習い始めたところから話が始まります。

その後上達した主人公は、いろんな武道家が集まる大会に出場します。

その際に、出場した少林寺拳法家のおじいちゃんが書いた日記にその少林寺拳法家を想う気持ちが書いてあり、とても感動したので、今回のテーマに合うのではと思い、紹介しました。

持ってきたお菓子

カレーパン・・・主人公が嫌がらせでお父さんにものすごく辛いカレーを食べさせるシーンがあるので。

 

Sさん

B級ギャグ漫画。

ジャンプで打ち切りになった漫画で終わり方が無理やりだそう。

人気投票の2回後くらいに打ち切りだったそうで、当時、人気投票後の打ち切りに驚いたそうです。

お話はある高校が舞台で、強さと勇気と愛を教える勇者学を教える授業がある。

だけど、一切そういう場面がないとのこと(笑)

勇者部のキャンプでキャンプファイヤー→学校が燃えるという終わり方。

キャンプファイヤー→暖まるなあと思って持ってきたとのこと。

 

ちなみに、70年後に話が飛び、主人公も年寄りとして出てくる。

70年後の同窓会をしたら心が暖まるかもと思って選んだとも。

中途半端な面白さなのに、なんでこんなに続いたのかというと・・・

当時連載中の「ハンターハンター」が休載したときの代わりの漫画家として重宝されたらしいです。

少年ジャンプの大人の事情が・・・。

 

勇者部のリアル双六というゲームの中の罰ゲームにパイが使われていたので、

持ってきたお菓子・・・アップルパイ

 

同じ著者のオススメの漫画がこちら。

 

 

 

続いて、Yさん

「初デビューの本なんです!」

Yさんは漫画をほとんど読まなかったということで、今回、漫画を紹介するのは初なんです。

 

お話は、主人公の女の子が家出をするのですが、ある男の子が拾って集団生活している家につれて帰る。

女の子が来たことで、男の子の心が開いていく。

また、女の子もまた心を開いていく。

女の子は家に帰ることもできたときに、みんなで住む家に残ることを選ぶ。

最後はハッピーエンド。

ということで、ココロが暖まるなあと。

 

こちらは、正統派の心の暖まり方ですね。

 

縁日に行くシーンがあるということで。

持ってきたお菓子・・・ポップコーン

 

 

Tさん

いろんな問題がワインによって解決していく漫画。

女の子がいろんな困難にあっても成長していく話。

漫画専門の古本屋さん。

この古本屋さんによっていろんな問題を解決していく。

漫画の薀蓄がすごくて面白い。

本格的に紹介していて、かなりマニアックだと感じた。

 

Tさんは、何かによって(食べ物が多い)人の問題を解決したり、それによって主人公も成長していくという漫画に今、興味を持っているとのこと。

食べ物はよくあるけど、古本屋は珍しい。

 

ちなみに、以前紹介された『食べるだけ』も自分が感じるこのジャンルだそう。

 

持ってきたお菓子

『ソムリエール』 ワイン→ぶどうジュース

『金魚屋古書店』 本→四角→四角いクラッカー

 

 

初参加のMさん

学校を破壊しようとする少女たちの話。

この話には、特に感動もないけど(笑)ということですが、最後の短編がすごく良かったそうです。

 

人間のような牛、人間のDNAを掛け合わせた牛と人間の男の子の話。

子供の牛が、お父さん牛を食べた人間の男の子と仲良くなる。

いろんな葛藤があるけど、子供は2度と牛を食べないと約束する。

 

牛はいろいろと質問する。

牛は人間に食べられる、でも人間は誰にも食べられないなんて不公平だと。

そこで、人間の男の子のお父さんが・・・

人間は神様に食べられるんだよと(神様が死期を決めるという意味で)。

 

そんなある日、牛を食べないと治らない病気が流行ります(この設定もどうかと・・・)。

この病気が流行り、食べる牛がなくなったときに、みんなが子供の牛を食べたがる。

また、人間の男の子もこの病気にかかります。

でも牛を食べないと約束したから、食べずに、病気が悪化していきます。

 

人間の男の子は周りの人間が子供の牛を食べようと知って、逃がそうとします。

でも、子供の牛は、自ら捕まり、人間の男の子に食べられて病気は治るという切ない話。

 

Mさんは、いつもは、ホラーや重い漫画を読むそう。

今回のテーマの漫画を見つけるのに大分苦労したそうです。

 

持ってきたお菓子・・・切なく、ツーんとするということで、わさび味のポテトチップ。

 

Kさん

食事の話はココロがあったかくなると思って。

グルメ、親子、教師と生徒など、好みそうなテーマがてんこもりでうっとおしく感じそうだけれども、上手にまとめてあるのは、著者の力量だと思います。

すごく重いものを持った人がなく、みんながそれぞれ一生懸命生きていく 様子があったかいなあと思って持ってきましたとのこと。

 

持ってきたお菓子・・・大学芋

 

ほのぼのとした感じが暖かいなあと。

ちなみにある意味、グルメ漫画です♪

 

一通り紹介が終わったところで、漫画談義に。

まだまだオススメ漫画が出てきます。

 

Mさんオススメ

Kさん

 

ラーメン部の活動場所は、ビズライブラリーからほど近く、お初天神の横にある

つけ麺三代目みさわさん

3種類の味が頼めることと、暖かいサービスが嬉しいラーメン屋さんです。

IMG_20150217_212812

 

イベント告知

今回のテーマは「心があったかくなる」漫画

  •  漫画に感動したこと
  • 漫画がきっかけで興味を持ったこと
  • 漫画だから理解できたこと

漫画好きな皆さんの思いを語る場所がここです。

 

「自分の知らない、こんな面白い漫画があるのか」

「漫画を通して、その人を知ることができて面白い」

「共通の話題があると、初対面の人とでも打ち解けられる」

 

そんな漫画の読書会です。
マンガが好きな方ならお気軽にご参加ください!

2月は1年でも1番寒い時期。
漫画でほっこり暖かくなるような、そんな漫画をお持ちください。

漫画の現物がなくてもPCで表紙などを見てもらいながらの プレゼンでも大丈夫です(*PCは準備しています)

 

 

日 時:2月17日(火)19時~

場 所:Biz Library(大阪市北区西天満4-11-8 老松通りビルディング 701)

対 象:マンガが好きならそれだけでOK

参加費:会員:無料 一般:500円

持参するもの:“心があったかくなる”漫画
漫画をイメージするお菓子(食べ物)か飲み物

内 容:持ち寄ったお菓子(食べ物)や飲み物を飲食しながら漫画について 話して、聴いて、漫画の情報も得て、楽しく交流したいと思います。

 

~ラーメン部の活動♪ ~

読書会後に美味しいラーメンを食べながら、漫画についてさらに語りませんか?
Biz Libraryから徒歩圏内の美味しいラーメン屋さんに行きます(希望者・実費)。
日時:漫画の読書会終了後の21時~ ラーメン屋さん:希望者で行きたいラーメン屋さんに行きます