大阪・梅田のコワーキング図書館。月会費5,800円。コワーキングスペース、住所利用、電話取次ぎも。
TwitterFacebookGoogle
大阪市北区西天満4丁目11-8-701(MAP)

06-6809-5827(お問合せ)

平日
13~22時
土日祝
13~20時
休業
月曜日/祝日の翌日

【KLL企画】仁上幸治さんと語る交流会

 イベントレポート

 

図書館関係者なら知らない人はいないであろう、仁上幸治さんとの交流会。

IMG_20150609_191744

 

16名の方が参加されました。

内訳

大学図書館:6人

公共図書館:8人

図書館関係営業:1人

私設図書館:1人

 

今回は本当にたくさんの映像をみました。

まとめて見てみると、けっこう図書館司書というのは映像の中で使われている職業なんだなと感じました。

図書館司書のステレオタイプのイメージとして・・・

  • 地味
  • 暗い
  • めがねをかけている
  • オシャレとは無縁
  • 真面目
  • 人嫌い、あるいは苦手、あるいは人見知り(本が好き)
  • 図書館員は簡単になれる

などなど。

知的な職業だと言ってもらえることもありますが、世間一般としてはこのようなイメージもあると思いますし、もちろん実際にこういう図書館司書もいると思います。

 

では、どうやったらこういうイメージを変えられるか?

という仁上さんの考えを述べられたり、意見を出し合ったり。

 

個人的には、図書館司書は図書館以外の方たちとの交流をもっと広げると良いのではないかと思っています(他部署とかではなく、全く違った職種の方)。

どうしても同じ職業だと、どこかで考えが似ていたりするものなので、そうではない方と話をすることで新たに見えてくることもあるのかなと。

 

さて、今回は最初から飲食OKとし、お話を聞きながら、飲みながら、食べながらという会にしてみました。

そうするとやはり、和やかな雰囲気となり、皆さんの話もよりはずんだのではと感じましたが、いかがだったでしょうか。

 

この企画は本当に内輪の会だったからこそできた企画です。

お宝映像はこの日は、お持ちいただいた三分の一程度しか映されていないとか・・・。

第2弾も開催されるかもしれません。

 

空手家図書館員さんもこの日の様子を書いてくださいました。

空手家図書館員の奮戦記

 

来月の企画のお知らせです!

7月30日(木)開催!LLブック『わたしのかぞく』出版記念講演会

LLブックって何?という方から、LLブックについてもっと知りたいという方まで、皆さんのご参加をお待ちしています!

 

 

参加者の感想

  • KOさま
「図書館員が映画・ドラマなどで描かれている映像から、世間ではどのようなイメージを持たれているか。
また、このイメージを変えるには?という内容。
映像のイメージからは、
・真面目
・暗い
・眼鏡
・おしゃれではない
・本が好きで人見知り
・簡単にできそうな仕事
感想としては、残念ながらネガティブな印象で、この印象が否定できない部分もあると感じました。
イメージを変えるということは、なかなか容易ではないと思います。
ですので、ちょっと大人は諦めて、イメージ戦略として、これから大きくなるになる小さい人に、対してアピールするものを作る。
図書館と図書館員がかっこいいと思われるストーリーのものを、絵本やアニメ、ゲームなど(今なら妖怪ウォッチとか)で作成できると良いのではないかと。
仁上さんをはじめ、参加者のみなさまのおかげで美味しく楽しい時間でした。」

 

  • KUさま
「KLL事務局のみなさま、先日の企画、どうもありがとうございました。
楽しい時間を過ごさせていただきました!今回は、タイトルに「交流会」と銘打っておられたとおり、会の最初から、飲み物を飲みながら、なごやかな雰囲気で始まりました。仁上さんは、この日のために、秘蔵映像100本をお持ちくださり、そのうち、厳選された数本をお見せくださいました。図書館員に対して「なんとなくこう思われているんだろうな」というのはありましたが、まとめて見せていただくことで、

・女性が多い
・地味な装い
・薄幸(?)

といった、図書館員に対してのステレオタイプがこんなにもはっきりと存在することに驚かされました。
日本と外国との違いという観点からも意見が交わされました。
余談にはなりますが、映像を見て、ドラマのタイトルがすぐにわかる方と、放映当時はまだ生まれていない、という方も・・・
そんな世代間のギャップ(?)にも、会場が盛り上がりました。

「まず人が好きでないと、図書館員は勤まらない」ということは周知の事実だと思いますが、世間の方々は全く違うイメージを持たれていることに改めて気づかされました。
「もしかしたら」と申しますか、「もしかしたら、かなりの確率で」隣りにいる職場の同僚も、図書館員に対するステレオタイプにとらわれたままかもしれない。

そんなふうにも思いました。図書館員には情報検索力は言うまでもなく、PR力や交渉力など多くの技能が必要である。
このような仁上さんのお話から、これからの司書像に迫る、熱い議論が繰り広げられました。熱い議論は、そのまま交流会の本番へと・・・
過去に1度しかテレビ放映されなかったCMや、ちびまる子ちゃんのアニメなど、厳選映像をさらに見せていただきながら、それぞれ意見を交わしました。
有意義で、ゆるやかな時間が流れていました。さらに、余談。
会場となるビズライブラリーでは、「芝生ゾーン(緑のじゅうたんが敷いているところ)」もあります。
我々二、三人が、交流会のゆるやかな雰囲気にのって、ぺたんと座っておりましたら、「楽しそうだからまぜて~」と、一人、また一人、とメンバーが増えていき、最後には、全員が芝生ゾーンに。
布団の上でみんなで円く座って語り合う、修学旅行の夜みたいでした☆

仁上さま、今回もあれこれ考える機会をいただきまして、ありがとうございました。
KLL事務局のみなさま、ご参加のみなさま、楽しい時間を過ごさせていただきました。
次回のKLL企画も、楽しみにしております!」

 

  • Mさま

KLL事務局の皆様、素晴らしい企画を有難うございました。
定時ピッタリに仕事を終わらせ、振り返らずに会場に向かいましたがその甲斐がありました。

さて、本題です。
図書館&図書館員を外から見ることは大事と、日頃から思っているのでこのテーマはとっても興味がありましたが実際映像を見せて頂いて、想像以上というかなんと言うか・・・(苦笑)

自分は絶対違うわ~と言い切れるかどうかは謎かも。
他人から見るイメージと言うのは自分が思っている圏外なのであれば一体、私は皆さんの目にどう映っているのかな???

そんな事を考えながら映像を見ていると
「なぜ、このシーンで図書館員なんだろうね、他の職業じゃいけないの?」
との仁上先生の一言に、またまた考えさせられてしまいました。

そうそう、ちびまるこちゃんで出てきた図書館ですが閉館のアナウンスだけ流れてませんでした?(途中から見たので、違っていたら ごめんなさい)

たとえば、途中で司書が出てきて「こんな本を読んでみたら」と相談に乗ってくれたシーンがあれば
同じオチであっても、アニメを見て「図書館に行ってみようかな」と思う子ども が増えるかもしれません。

アニメ界に殴り込み(笑)、ステキな司書を登場させます?
図書館情報学のカリキュラムを変えてしまいます?
朝ドラや、大河ドラマに司書を登場させようというお話も別な場所で伺いましたが
まずは、図書館員のブランディング・・・さて、自分自身も一歩、足を進めたいですね。

ともあれ、仁上先生&事務局&御参加の皆様、ありがとうございました。

 

映像の中のトンデモ図書館員たち
-図書館ブランディング講座番外編-

 

昨年10月に『図書館員のためのPR 実践講座-味方づくり戦略入門-』を出版された仁上幸治さんと参加者が楽しく語り合う交流会を企画しました。

 

今回のテーマは、図書館員が登場する映画やテレビドラマの映像。

 

  • 再放送及びDVDから除外されている「『相棒』S3の欠番『夢を喰う女』」
  • 「藤田まこと氏が利用者役で出演している『容疑者』」

などテレビドラマ等の映像(予定)をご一緒に観ながら楽しく図書館員について語りましょう。

『図書館員のためのPR 実践講座』を読んだ方もまだの方も、図書館関係者の方ならどなたでもご参加いただけます。
また、新年度(異動後)の名刺をお持ちいただき、ご参加の皆さんが改めて交流できる場にもなればと思っています。

【日時】2015年6月9日(火)19時~21時(開場:18時半 ~)
*21時で中締めしますが、お時間がありましたら引き続きご歓談ください。

【場所】Biz Library (ビズライブラリー)
最寄駅:JR「大阪駅」徒歩約10分 地下鉄谷町線「東梅田駅」徒歩約6分

【参加費】3,000円(軽食・飲物付) *持込み・差入れ歓迎です!

【申込み】

  1. 所属機関(館種のみ可)
  2. お名前
  3. メールアドレス
  4. 当日、仁上さん出版本(サインも可)の購入希望の有無

を明記の上、

KLL事務局[kll201426@gmail.com /06-6809-5827(Biz Library内)担当:福岡]へ

メールかお電話でお申込みください。
*スペースの関係上、参加は20名限定といたします。

【仁上幸治氏プロフィール】
図書館サービス計画研究所(トサケン)代表。
早稲田大学図書館司書、帝京大学総合教育センター准教授を経て現職。
私立大学図書館協会企画広報研究分科会代表、日本図書館協会図書館利用教育委員会委員などを歴任。
法政大学、亜細亜大学、東京家政大学、桜美林大学、和光大学、玉川大学で非常勤講師。
著書多数。
現職図書館員向け講演は生涯合計170本超。
趣味は草野球、クサガメ飼育、現代美術鑑賞。