大阪・梅田のコワーキング図書館。月会費5,800円。コワーキングスペース、住所利用、電話取次ぎも。
TwitterFacebookGoogle
大阪市北区西天満4丁目11-8-701(MAP)

06-6809-5827(お問合せ)

平日
13~22時
土日祝
13~20時
休業
月曜日/祝日の翌日

【KLL企画】LLブック『わたしのかぞく』出版記念講演会

イベントレポート

LLブック出版記念講演会。

まずは、藤澤 和子(大和大学保健医療学部 教授)先生のお話。

満員御礼での開催です。

IMG_20150730_191405

 

27名の方が参加されました。

内訳

大学図書館:5人

公共図書館:11人

専門図書館:1人

大学教員:2人

出版関係者:1人

新聞記者:1人

劇団関係者:3人

カメラマン:1人

図書館関係営業:1人

私設図書館:1人

 

今回は、LLブックの出版に関わられた、劇団の方やカメラマンの方も来られていて、図書館関係者ばかりの集まりとは少し違った雰囲気でした。

 

まずは、LLブックについて藤澤先生から、お話がありました。

出版の際に注意した点やどんな人に読んで欲しいか、LLブックの可能性についてなど。

そして、今回は、出版に関わった人、それぞれの立場からのお話が聞けたことが興味深かったです。

 

  • LLブックの人物モデルになっている劇団員の方
  • カメラマンの方の視点
  • 出版社の方

著者の話は聴く機会はあっても、協力者(?)の話はなかなか聴けないので、そういう意味でも貴重な時間になったと感じています。

 

次回は8月27日(木)です!

 

ご参加いただいた皆さんの感想

公共図書館Dさま

「まずは藤澤和子先生の講演から要旨を。
  • LLブックは日本ではまだまだ数が少なく、認知度も高いとはいえない。
  • だけど、知的障害をもつ方の、わかりやすい本への読書ニーズは大きい。
  • 生活年齢(知的年齢とは違う)に即した内容の、わかりやすく書かれた本が求められる。
  • 高齢者や失語症治療など、発展の可能性を秘めている!
『わたしのかぞくーなにが起こるかな?ー』は、スタンダードな、LLブックらしい本をめざして作られたそうです。
制作された順に『はつ恋』→『わたしのかぞく』→『わたしのかぞくーなにが起こるかな?ー』と見ていくと、
一作ごとにLLブックとしてパワーアップしていることが分かります。
風太郎さん作の原案絵コンテのおもしろいこと!
でも、おもしろいネタだけではいけないようで、没ネタも多数だったとか。
構図が変わって混乱を招かないか?
雑音になる物が写り込んでいないか?
LLブックになるには、おさえるべき点がたくさんあるのです。
編集、写真、演技、出版と、制作にたずさわった皆様の情熱に、感服しました。
私自身の仕事に絡めると、今回の講演会であらためて思ったことは、”情報をわかりやすく伝えることは、図書館の根っこ”だということです。(一部割愛)

大学図書館Kさま

「LLブックのLLとは”やさしく読める”というスウェーデン語の意味から来ていて、障がい・高齢者・(スウェーデンでは移民の方)にもわかるように作成されるもの。

藤澤先生は、日本にもこんな本があればとの思いからLLブックを作ることにされたとのお話。

特別支援学校に通われている読み手には、

  • 色がついている
  • 本の両面に絵がある
  • 写真や絵の視点が変わる
    なども、どこに集中すれば良いのか分からなくなるとの説明。演技をされる方が絵コンテも作成され、また作り手の皆さまの、良いものを作るために妥協のない姿勢などこのLLブックに携わった方の熱意あふれるお話が聞けたのも貴重で、その後の懇親会では美味しくごはんを頂きながら、色々お伺いすることもでき充実した会でした。(一部割愛)

 

 

イベント告知

 

【KLL(関西ライブラリアンリンク)企画】 

「やさしく読める本を届ける ~LLブック制作・出版までの道のり~」

 

今年5月にLLブック『わたしのかぞく -なにが起こるかな?-』
LLブック(やさしく読める本)制作グループ編 が樹村房から出版されました。

 

 

知的障がいや学習障がいのある人にも楽しめるLL ブックはほとんどありません。
もっとLL ブックを広めたい、誰もが楽しめる本を作りたいと考えて、今回、写真版LL ブックを制作しました。

その出版を記念して、”LLブック制作グループ”代表であり、大和大学保健医療学部 教授  藤澤 和子氏 による講演会を開催いたします。

2016年4月1日より「障害者差別解消法」が施行されます。

LLブックについての理解をより深めていただき、LLブックの活用が広まる機会となりますことを願っています。

その後、制作・出版に関係したメンバーそれぞれの立場からのオススメポイントの紹介もありますので、ご参加の皆さんの参考になればと思っています。

 

【 日時 】2015年7月30日(木)開場:18時半 ~

・19時~20時半   講演会 藤澤 和子氏(大和大学保健医療学部 教授)

・ 20時半~ 交流会:
【 場所 】Biz Library (ビズライブラリー)*アクセス

 

【 参加費 】3,000円(軽食・飲物付) *持込み・差入れ歓迎です!
【 申込み 】申込フォームよりお申込ください

*申込フォームより申込ができない方は、メールまたはお電話でお申し込みください。
所属機関(館種のみ可)、お名前、メールアドレス、

当日、LLブック『わたしのかぞく』の購入希望有無を明記
KLL事務局/06-6809-5827(Biz Library内)担当:福岡]へ 

*スペースの関係上、参加は20名限定といたします。

 

【 LLブックとは?】

LLブックのLLとは、スウェーデン語のLättlästを、簡単に表したことばです。

「やさしく読める」という意味です。読むことが むずかしい人に、読みやすく わかりやすく 作られた本です。
本によって、写真、絵、ピクトグラム、読みやすい文章が、使われます。

読者は、知的障や 自閉症、読み書き障がい、失語症などの障がいがある人、日本に住んでいる外

国人や 高齢者などで、読むことが にがてな人たちです。

彼らに、本を読む楽しみが 届くことを 願って作られています。

(本書「あとがき」より)