大阪・梅田のコワーキング図書館。月会費5,800円。コワーキングスペース、住所利用、電話取次ぎも。
TwitterFacebookGoogle
大阪市北区西天満4丁目11-8-701(MAP)

06-6809-5827(お問合せ)

平日
13~22時
土日祝
13~20時
休業
月曜日/祝日の翌日

運営日記~目標の一つです~

2014-12-17_18.00.45

 

図書館司書として図書館に勤務してきて、今は、ビズライブラリーを運営しています。

図書館という場所が大好きで、会員制の図書館を作りました。

 

大学生のときに司書課程で司書の資格を取りましたが、ある目的があって、もう一度図書館学を学びたいと思うようになりました。

 

図書館情報学として有名なのは、筑波大学です。

知り合いでも関西から(働きながら)筑波まで通っていた人がいます。行くなら筑波かな~、でも遠いなあ~と漠然と思っていたところ・・・。

 

京都の同志社大学に大学院ができるという朗報が!

京都までなら近いから何とでもなります。2015年度から開講とのことです。

 

夢や目標は他人に言うといいと言われます。ここで宣言しておくと、いつから通えるでしょうか。

 

不思議なもので、図書館に勤務しているときは、大学院なんて特別な人が通う場所で、私には関係ないと思っていました。

ビズライブラリーを始めるに当たって、いろんなところに行っていたら、いろんな人に出会いました。

その中で、社会人になっても大学院に行く人が少なからずいると(当たり前ですが、それまで出会わなかった)知りました。

そうなると、大学院というものが少し身近に感じられるようになり、「自分が勉強するとしたら何かな?」と考えるようになりました。

MBA?カッコイイな~と憧れますが、敷居が高そうです。他には?図書館学?いまいち想像ができませんでした。

 

そうこうしているうちに、ビズライブラリーの立ち上げで、改めていろいろと考えていると、これから、図書館司書になる若い人に私が伝えられることを伝えたいと思うようになりました。

大学の先生である友人に聞くと「最低修士は出ていないと」とのことでしたので、それなら取らなきゃねと思うようになったのです。

通う準備ができるまでに、どんな研究をしたいのかということを考えておこうと思います。

でも、入学試験受かるのかしらという不安が一番大きいのですが。

 

この記事から約2年後

2017年の現在は大学院に行きたいという気持ちはなくなりました。

いろんな要因はありますが、大学院に行ってお金と時間をかけてまで得られるものがほぼないと判断したからです。

2015年時点でも、勉強より教えるために必要な資格のためと思っていたのですが、違うアプローチを用いれば教えることは可能だということも分かったからです。

2年で考えも変わり、また新しい知識や経験を通して今のところが不要だと感じたのです。

また考えも変わるかもしれませんが。