大阪・梅田のコワーキング図書館。月会費5,800円。コワーキングスペース、住所利用、電話取次ぎも。
TwitterFacebookGoogle
大阪市北区西天満4丁目11-8-701(MAP)

06-6809-5827(お問合せ)

平日
13~22時
土日祝
13~20時
休業
月曜日/祝日の翌日

『プランB』

『プランB』 ジョン・マリンズ+ランディ・コミサー

 

アントレプレナー講座の講師より借りて読みました。

最初に起業や新事業を考えたときのアイデアをプランAとした場合、

プランAが成功する可能性が極めて低い。

そこで、プランAで失敗したことや、経験を生かして、新たなプラン、

プランBがビジネスの面において有効であるということが、

世界的に成功した企業を例にとって、説明されています。

 

各章の終わりには、まとめが書いてあり、とても読みやすい本です。

まとめだけ読んで参考にしてもよいと思います。

第1章のまとめ:発明より改善を。

第2章のまとめ:仮説の検証がプランBへの道。

第3章のまとめ:買う人がいなければ、会社は生き残れない。

第4章のまとめ:事業を継続するには粗利を大切に。

第5章のまとめ:諸費等の見直しを!

第6章のまとめ:キャッシュフローは事業の生命線。

第7章のまとめ:初期投資は少なく。

第8章のまとめ:各章の要素を組み合わせて、全体として有意性を出す。

 

ちなみに、プランAが成功しないのなら、最初からプランBを見越して

計画を立てたらいいという考えはダメだそうです。

プランAをしっかり考えて(ここで成功することもある)、実践・試行錯誤した

人だけがプランBを思いつける切符を手に入れられるそう(確実ではない)。

いつでも一生懸命に頑張らなきゃ、ということですね。

 

この本を読んで、こういう考え方もあるのかと知ることはできます。

「ずばり、できればあなたにも世の中を変えてほしいと思っている。」

と著者は願っているようですが、どうも、学校の先生の説明のようにも思えます。

著者自ら起業家でもあるようですが、苦労がなかったのか、訳が不適切なのか、

世界的企業の例ばかりでピンとこないのか、私の読み方が足りないのか、

これを読んで実践したいというところまではいかなかったです。