大阪・梅田のコワーキング図書館。月会費5,800円。コワーキングスペース、住所利用、電話取次ぎも。
TwitterFacebookGoogle
大阪市北区西天満4丁目11-8-701(MAP)

06-6809-5827(お問合せ)

平日
13~22時
土日祝
13~20時
休業
月曜日/祝日の翌日

『女性スタッフの人間関係に困ったら読む本』

 

女性ばかりの職場にお勤めされた

ことのある方で、人間関係に悩まれた

ことのない方はいないのではないでしょうか。

 
以前の職場で私もずいぶん悩みました。
同じように悩まれている方がいて、
「女性の職場に悩む人の会」を作って、
開催したことがあり、
そのときの紹介された本がこの本です。

元司書ということで、そんな本がないかを
調べたときに、意外に見つからないんです。
そのときに思ったのが、
結局誰にも解決できない問題だから
誰も書けないのではないかと。
そう思っていたのですが、この本がちょうど
調査後に出版されていて、読んでみました。

 

この本の内容としては、
みなさん美人ですね」が合言葉です。
美人になろうというプラスのエネルギーは、
仕事にも人間関係にもプラスになると。
これは、なるほど納得です。

本では、女性の特徴をよく捉えていて、
マネジメントする立場として、こんな
ことに気をつけるといいよということが
書いてあります。

 

役立つなと思った内容を書き抜きます。

  • 「まずは、職場の姿を決めてしまうところからスタートします。

ポイントは、「しかも美人」と最後につけること。

これにより、スタッフは違和感なく、

「そんな魅力的な職場にいる自分」へと自然に変わっていき、

実際に美人になります。」

  • 美人はみんな、美容と健康管理にたゆまぬ努力をしています。

そして、こうした意識や能力は仕事と直結しています。

つまり、仕事に対する責任感と自己管理能力が、

美人という形で目に見えるといえるのです。」

  • 「女性がキレイでいるということは、その人のメンタルが試されているともいえます。」
  • 「明るくまぶしいエネルギーの集った職場に、

変なクレームや病んだトラブルがよってこなくなるのも

自然な現象です。

女性の美しさはよいエネルギー循環の原動力なのです。

  • 「すべての女性に共通して言えるのは、大切に扱われたい存在であること。」
  • 「(前略)マネジメントする側で一定のルールを決め、率先して習慣化しておくのです。」
  • 「女性同士の関係が感情のもつれからもめごとに発展することは、

現実によくあります。だからこそ、

「感情を持ちこまないルール」と

「感情を伝えるルール」を決めて、

それを職場で習慣化していくことが大切なのです。」

 

 
あなたの職場で問題になっている人や、事が
そのまま当てはまることはないかもしれませんが、
困ったな、悩んでいるなという方がいらっしゃったら
一読することをオススメします。

女性に接するときのキーワードのひとつは、
「あなたのことを大切に思っていますよ」
という気持ちと態度。

難しいことが多い女性ですが、職場の大切な戦力。
お互いに気持ちよく働くために気が付いた

あなたからぜひ行動を起こしてください