大阪・梅田のコワーキング図書館。月会費5,800円。コワーキングスペース、住所利用、電話取次ぎも。
TwitterFacebookGoogle
大阪市北区西天満4丁目11-8-701(MAP)

06-6809-5827(お問合せ)

平日
13~22時
土日祝
13~20時
休業
月曜日/祝日の翌日

『百年の孤独』

『百年の孤独』G・ガルシア・マルケス


 

昔、ある場所で文学談義が始まりました。

私がよく読むのが、日本の古典、純文学です。

しかしそのときに始まった内容が、現代文学。それも、外国の。

お手上げです。ほとんど読んでいない分野なので。

さらに、ものすごく詳しい人たちが偶然そろって、話が弾み完全においていかれました。

(知らない人へのフォローとか、そういう話は今回はなしで。)

そのときに、何度か耳にしたのが、この『百年の孤独』です。

タイトルにインパクトがあり、いつまでも記憶に残っていました。

 

さて月日は経って、6月のビジネス書を読む会のテーマが
「現代文学」だったので、迷わずこの本を選びました。

読んだ感想は、本当に面白かったです。

内容は、ホセ・アルカディオ・ブエンディアとその子孫の物語です。

とにかく、いろんなことが起きます。

6世代に渡る、壮大な物語です。たくさんの人物が出てくるので、家系図を何度も見直しました。

最期に、あ、なるほど、そうなのか~と、どのように収集がつくのか全く分からなかった

この壮大な物語の終わりに、何と言うのでしょう、すとんと心に落ちたような気もするし、

でも、不思議な余韻が残りました。

物語全体に流れる、南米の空気だとか、熱さだとか、日本にはない魅力が行間から読み取れます。

熱にうかされたような、そんな気分になります。それが、読後もしばらく続くような・・・。

 

話を聴いた時は、上中下巻の上段・下段があるような分厚い本なのかと思ったのですが、

1冊の本です(上段・下段には別れていません)。

読むのには、ちょっと根気が要りますが、ぜひ、最後のページまでたどり着いてほしいものです。

 

ちなみに、この方、ノーベル文学賞受賞者です。