大阪・梅田のコワーキング図書館。月会費5,800円。コワーキングスペース、住所利用、電話取次ぎも。
TwitterFacebookGoogle
大阪市北区西天満4丁目11-8-701(MAP)

06-6809-5827(お問合せ)

平日
13~22時
土日祝
13~20時
休業
月曜日/祝日の翌日

運営日記~「旅」をテーマに本を選んでみました~

もうすぐゴールデンウィークです。

ビズライブラリーはずっとオープンしていますが、旅行に行かれる方も多いと思います。

ということで、今回は「旅」をテーマに本を選んでみました。

旅と言っても遠くに行くだけじゃなく、いろんな視点の旅を選んでみました。

 

『異国を楽しむ』

ドイツ文学者、池内紀さんの旅行エッセイ。

旅の準備(持ち物)から終わりまでが読みやすいエッセイの形式で描かれています。

「海外旅行は異国に旅するのではなくて、自分が一人の異人になることらしいのだ。」という言葉になるほどと思ったのです。

 

『大大阪モダン建築』

ゴールデンウィークに特に予定もないなあという方は改めて大阪の町を旅するのはいかがでしょうか?

大大阪時代に建てられた建物はどれも個性的で美しいですね。耐震の問題でこの時代の建築が次々と建てかえられているので、当時の空気を感じたい方はいつか、ではなくお早めに。

 

『さいごの色街 飛田』

以前に飛田にあるお料理屋さん「鯛よし百番」に行ってきました。

内部の様子はこちらのブログに詳しく書かれています。

かつて花魁が暮らした遊郭で今は登録有形文化財の料亭「鯛よし百番」に行ってきたよレポート

駅から歩いて百番さんに行ったのですが、一瞬どこに迷い込んだかと思い、衝撃を受けた街でした。

 

『森へ』

繊細な線と絵と写真の融合が特徴的な黒田潔さんのビジュアルブックです。

アラスカの森を描いたものだそうです。

ちなみに関西発アラスカ行きは約50万円~です。

当面、本で楽しんでおこうと思いますw

 

『パリの本屋さん』

眺めているだけで楽しい1冊。

パリに行くときには本のある空間にも遊びに行きたいと思います。

本屋さんだけでなく、ブックカフェ、文学カフェ、図書館なども掲載されています。

 

『テルマエ・ロマエ』

時空も場所も越えての旅です。

映画化されたのでご存知の方も多いと思います。

古代ローマから現代日本にタイムスリップした建築技師ルシウスが日本のお風呂文化を古代ローマに持ち帰るという奇想天外でユニークな漫画です。

 

これを読むとお風呂に入りたくなるなあと、結局ゴールデンウィークはのんびりお家のお風呂につかれればそれで満足できそうな、私は安上がりな人間ですね~。