大阪・梅田のコワーキング図書館。月会費5,800円。コワーキングスペース、住所利用、電話取次ぎも。
TwitterFacebookGoogle
大阪市北区西天満4丁目11-8-701(MAP)

06-6809-5827(お問合せ)

平日
13~22時
土日祝
13~20時
休業
月曜日/祝日の翌日

運営日記~「私を発見する」をテーマに本を選んでみました~

気が付けばもう11月が終わりに近づいてきました。

 

ブログにも書きましたが、来年の目標を年内に考えるにあたって、どんな本が役立つかな?と考えていました。

新年になると、すべてが新しくなるようなイメージがないでしょうか?それは自分自身も何となく変わっていて、よりよい1年が送れるのではと根拠なく期待してしまいます(私だけでしょうか?)。

そんな新年の個人的なイメージが浮かんできたときに、「自分を変える」というのをテーマにしてはどうだろうと思ったのです。

何となく期待するのではなく、変化のための行動を起こせるような本を選んでみようと。

 

実際には、変えるというより、自分の中にあるものに気が付く、掘り起こす、発見するということにより近いと思います。

そんな自分を発見する手掛かりになる本を選んでみました。

これらの本で少しでも何かに気が付いたら、根拠のない期待から、実際に変化した自分に出会える期待に変わりそうです。

 

『7つの習慣』

自己啓発本の古典と言ってもいい本です。

なるほど~と納得するばかりですが、読んだだけで終わっているので何とか練習問題(?)をこなしたいなと思っています。

ワークをきちんとしたら、もっとこの考えが自分に定着するのではないかと。

特に、実践したかったのは、第二領域と呼ばれる、重要だけれども緊急でない事柄。いいと分かっているけれどもできていないことです。

健康のための運動、仕事や自分自身のための勉強、読書など。

一部分だけ実践でももちろんいいのですが、一度きちんとやりたい。来年は取り組む予定です。

 

『セルフ・コーチング入門<第2版>』

コーチングという概念に始めて出会ったときに、問題には悩むことでなく、考えることが大事なんだということにはじめて気が付きました。

思考や感情を整理したり、気が付いたりすることはとても難しいのですが、それを質問を通して行うというところがポイントです。

質問によって、相手の中の意見をひきだしたり、考えをまとめたり。

セルフコーチングは自分自身に質問をしながら問題を解決していくもの。

 

 

『自分ブランドの教科書』

自分ブランドとは、今よりもいっそうあなたが輝く方法を見つけて、自分のスタイルを確立すること。

概念的ではなく、具体的にこんなときにはどうしたらいいの?どうやって一歩を踏み出したらいいの?

という方にも丁寧にわかりやすく説明している本です。

どうやったらいいか分からない、最初に何をするべきかが分からない方におススメの1冊です。

 

『書くだけで自分が9割変わる』

書くことによって、売り上げを伸ばす、人生を好転させるということを著者自身の体験を交えて書いている本です。

もちろん、ただ書くだけでなく、どのような手順で書くか、書き方のポイントも丁寧に解説されています。

1日たった7分(著者曰く集中できる時間)でいいそうです。ですが、継続はなかなか難しいですね。

まずは、書くことによってどんなことが起こるのかを読んでみてください。

 

『スタンフォードの自分を変える教室』

ベストセラーになったので、読まれた方も多いと思います。

スタンフォードなんていうと難しいことが書いてあるのかと構えて読み始めると、中身は非常に平易な文章で読みやすい。そして面白いです。

あるときは動物と比較、あるときは科学的な要素も含めて書かれています。決して気合や根性だけではありません。

それぞれの章の巻末には課題があります。チャレンジをしてみたらあなたも変われるかも?

 

『TQ―心の安らぎを発見する時間管理の探究』

こちらは時間管理の方法を解説した一冊です。

時間管理をするためにも、自分の価値観を始めに知る必要があるそうです。

何だか時間がうまく使えていないなと思われている方はまずは自分がどういうことに時間を使っているかを認識し、自分が本当にやりたいことに集中できているかを確認するということもきっと大事なことですね。