大阪・梅田のコワーキング図書館。月会費5,800円。コワーキングスペース、住所利用、電話取次ぎも。
TwitterFacebookGoogle
大阪市北区西天満4丁目11-8-701(MAP)

06-6809-5827(お問合せ)

平日
13~22時
土日祝
13~20時
休業
月曜日/祝日の翌日

運営日記~会員さんが本を出版されました~

共著で出されたこちらの本、会員さんも執筆されています。

 

この本の編集会議にもビズライブラリーをご利用いただいていましたので、ビズライブラリーでも購入して置いています。

ご興味がありましたらいつでもご覧ください。

*Unityとは、ゲームを作る際に便利に使えるゲームエンジンです。

 

私自身はUnityは本当にちょこっと触った程度でほとんど分からないのですが・・・。

どうやらゲームを作る際には便利なもののようです。

先日ご紹介したアプリ、うたってベルツノさんもUnityで作られています。

 

初心者向けの解説本ということなので、ゲームを作ってみたいと思われている方はぜひご一読ください。

執筆された会員さんもいらっしゃれば、教えてくれると思います(勝手に言っていますが、たぶん大丈夫)。

 

著者紹介のページにビズライブラリーのことも書いていただきました。

IMG_20150223_180150

 

内容はこちら(amazonより)

「本書は、2015年1月上旬にUnity5のプレオーダーユーザー向けに公開されたUnity5 β19を利用した3Dゲーム開発手法について解説した書籍です。

本書では2014年4月から無償で利用できるようになった「ユニティちゃん」を利用し、本格的な3Dアクションゲームを開発する手法をまとめています(「ユニティちゃん」は、ユニティ・テクノロジーズ・ジャパンのオリジナルキャラクターです。

実際のゲーム開発に利用できます。利用規約については「ユニティちゃん」のダウンロードサイトでご確認してください)。

本書の前半では、Unityの特徴的な機能であるメカニムやシェーダ―、スクリプトの基本を解説します。

すでにご存じの方も知識の整理に役立ちします。

中盤から後半にかけては、「ユニティちゃん」が主役となる3Dアクションゲームを作りをメインで解説します。

具体的には、CHAPTER 04でドットイーターゲームを、CHAPTER 05でコミュニケーションゲームを、CHAPTER 06で脱出ゲームを、CHAPTER 07でAI対戦ゲームを作ります。

またCHAPTER 08で2Dモデルを利用した2Dゲーム開発手法についても解説します。

最終章ではゲーム開発で役立つC♯のコーディング手法を解説します。

本書を読めば、本格的な3Dアクションゲームが作れること間違いなしです。

なお本書の内容はUnity 5 β19を元に解説していますので、今後リリースされるUnity5の正式版と画面内容が異なる場合があります。あらかじめご了承ください。」