大阪・梅田のコワーキング図書館。月会費5,800円。コワーキングスペース、住所利用、電話取次ぎも。
TwitterFacebookGoogle
大阪市北区西天満4丁目11-8-701(MAP)

06-6809-5827(お問合せ)

平日
13~22時
土日祝
13~20時
休業
月曜日/祝日の翌日

起業までにやっておいてよかったこと 7

起業して3年目

大阪・梅田のコワーキングスペース、レンタルスペース、会員制図書館のビズライブラリーです。

先日、開業までのまとめを書きましたが、その中でやっておいてよかったことをまとめておきます。

 

7.いろんな活動に参加する

交流会や勉強会などに参加するというのもオススメなのですが、一歩進んでその活動の「スタッフや関係者」としての参加もオススメしたいと思います。

何かのイベントにお客さんとして参加することと、関係者として関わることでは、大変さがやはり違います。時間も取られます。やることも増えて忙しくなります。嫌な思いもします。それでも、オススメするのは、やり遂げた後の感動!ではなくて

  • どういうふうに人が運営するかを間近でみることができる
  • 主催者側の気持ちを知る
  • 何が大変かを経験することができる
  • イベントの欠点部分を見ることができる
  • 自分だったらどうするかを真剣に考える

などの利点があります。

これは、お客さんで行き続けるだけでは分からないことです。

 

何かをしようと思ったときには、この主催者側で経験していることが役立つことが多いと思います。

 

お客さんで参加していても考えられる方はいいと思います。

私は自分がその立場にならないと次の行動に移すまでの気持ちがおきない性格。

お客さんとして参加しているだけでは、こうしたらいいのにな~と思っていてもいつの間にか忘れてしまいます。

主催者側で大変な思いも嬉しい思いもして始めて、それを記憶して生かそうと思うのです。

私もそうだわ、と思われた方はぜひ主催者側に参加してみてください。

 

どうやって参加するかというと、参加している勉強会でもセミナーでも主催者の方が大変そうだったら「お手伝いします」とか「何か手伝いましょうか」と声をかけ、手伝います。

基本的には、そうしているうちに「手伝って欲しい」と声がかかればという流れが一番良いと思います。

声がかからなかったら人手は必要ないか、あるいは、主催者の方から参加者の一人でいいかなと思われているか、何かしら人を介入させたくないと思っている方なのか、少なくとも、そのイベントの主催者の意思は尊重するべきだと思っています。

 

もちろん、手伝って欲しいと公に言っている主催者の方には、「私もお手伝いしたい」と意思を表明するといいと思います。