大阪・梅田のコワーキング図書館。月会費5,800円。コワーキングスペース、住所利用、電話取次ぎも。
TwitterFacebookGoogle
大阪市北区西天満4丁目11-8-701(MAP)

06-6809-5827(お問合せ)

平日
13~22時
土日祝
13~20時
休業
月曜日/祝日の翌日

運営日記~相手の言葉をそのまま受け止める~

私の仕事は、ビズライブラリーというスペースの運営とタスク管理パートナーのパートナーの2つです。

どちらも人との対応が必須です。

日々、いろんな方と対応する中で対人関係について気が付いたことを書いてみます。

今回は言葉について最近私自身が感じたことがあったので書いてみます。

 

人は自分の基準で判断したい

人間、ある程度の年月を生きていると、自分なりの基準ができてきます。育った環境や関わった人は全員違うので、その基準もさまざまです。

その基準を常識、当たり前という言葉で表す人もいます。そしてその基準の中にいると心地よい。同じ基準の人は言わなくても伝わるので楽ですね。

でも、もちろん全く同じ基準の人はいないのです。似た人はいても全て全く同じという人はいません。

では、自分の基準と違う人に合ったら?その時は自分の基準で判断したいものだと思います。

  • 「時間を守るのは当たり前」
  • 「人の話はきちんと聞かなければいけない」
  • 「間違った考えの人には正しいことを教えてあげよう」
  • 「この人のやり方は間違っている」
  • 「仕事のやり方はこうあるべきだ」

などあげればきりがありません。

ただ、それは地域の習慣、親の考え方、自分が身につけた考え方などによっても違うものです。

人はみんな違うという認識を持ちながらも人が自分と違う基準を持っていると分かったときに自分の基準で判断し、いろんな事を相手に言う人が多いと感じています。

それは、相手にとって助言やアドバイスになるかもしれないし、大きなお世話となるかもしれません。

 

自分の意見が正しくないと言われる

最近、あなたは間違っているというようなことを言われました。

一瞬びっくりしましたが、その時の状況から言葉を飲み込んでそして考えました。私は人のことを自分の基準で判断していないか?

人には人の基準もあるし、事情もあるし、感情もある。そこを私の勝手な基準で判断していないか、言葉には出しませんが、思ったことは案外伝わるものです。そんな勝手な判断をせず相手の言葉をそのまま受け取っているかと自問自答してみました。

 

「間違っている」と言われたときの感情としては、やはり面白いものではないですが、では、その方は正しい答えを持っていて、私の間違った考え方を正してくれたのでしょうか?残念ながら、私がその方に感じたのは、「自分の言うことに、やり方に従えばいいのだ」ということでした。これでは、なかなか納得が難しく、それらの発言は、その方の判断としか思えずどうもしっくりきませんでした。

言った方は、その時は自分の基準が正しいでしょうと言ってスッキリ?するのでしょうが、相手は何も納得していないし、面白くないとか、イライラとか何らかのストレスを抱えてしまう。片方だけが満足するコミュニケーションではないでしょうか?自分の満足と引き換えに相手に不愉快な思いやストレスを与えてはいないでしょうか。

 

相手の言うことをそのまま受け止めるだけ

自分の判断基準には合わなくても、その人がそう思っていたらそうなんです。それをまずは受け止めることが何よりも重要だと改めて感じています。

そのうえで自分の考えを言うといいようです。

ますは受け止めるということができている人が案外少ないのかもと感じました。それができるだけでコミュニケーションも案外上手くいくものだと思っています。

自分の基準で判断して、聞かれてもいないのにアドバイスをする方も多いです。

起業前に、私は聞いてもいないのにアドバイスをしてくる人がこんなに多いのだと驚きました。ただ、そのアドバイスは活かされることはありませんでした。逆に「頑張ってね」と応援してくれた言葉はその時も嬉しいし、ずっと心に残っている。

アドバイスしたいときは人に相談されてからにしたほうがだいたいの場合はいい。聞かれてもいないのにアドバイスをするってコミュニケーションの大事な部分をすっとばして、自分の満足のためだけになっていることが多い、するとどんどん敬遠されていってしまう。

 

自分の判断を押し付けるのは自分の満足のためだからではないでしょうか?

さらに、自分の言うことを否定できない相手(部下、年下など)に演説を聞いてもらえばもらうほどその人たちはあなたの話を聞きたくなくなるものです。

 

それがなくなったときに、あなたに会いたい、聞いてほしい、相談したい、アドバイスが欲しいと言われるのかなと思います。

もちろん、指示をされたい人も世の中にはいますのでそれは相性がいいのかもしれません。ただ、私はどんな方であれ依存ではなく、自立が大事だと思っています。アドラーですね。これ↓

勝手な判断がないようにできるだけ注意していますが、完ぺきではもちろんありません。日々気を付けるだけです。

そして、せめて余計なことは言わないこと、相談されたり、聞かれてから言うようにすること。これを守ると、少なくとも相手に嫌な思いをさせることはぐんと減ると思っています。

あ、もしかしたらと思い当たった方はちょっとだけ言葉を飲み込むようにしてみると、飲み込んだ言葉の分だけ、逆に声をかけられるようになると思います。

 

過度に怖がる必要はないけれど、言葉は一度声に出してしまうとなかったことにできないので、やっぱり注意は必要ですね。若いころに、つい余計な一言を言ってしまったという経験をしたので改めて反省した出来事でした。

皆さんはどうぞ気を付けてくださいね(#^^#)