大阪・梅田のコワーキング図書館。月会費5,800円。コワーキングスペース、住所利用、電話取次ぎも。
TwitterFacebookGoogle
大阪市北区西天満4丁目11-8-701(MAP)

06-6809-5827(お問合せ)

平日
13~22時
土日祝
13~20時
休業
月曜日/祝日の翌日

変化していった集客方法【集客方法2】

集客ってどうしたらいいんだろう?

起業するときには本当にわかりませんでした。

分からないなりに動いた結果、どういうことをしたかというと・・・

 

  1. 知り合いにメールをする、直接話す
  2. 交流会など、人の集まるところに行く
  3. facebook 、Twitter、アメブロなど無料でできる、自分が知ってるツールを使って宣伝する
  4. ショップカードを作って、知り合いのお店においてもらう
  5. 新聞、雑誌などの媒体にプレスリリースのようなものを送る

 

それぐらいしか知らなかったし、それについて考えることはなかったのです。

あまり何もしていなかった、というのが事実です。

 

職種によって違うと思いますが、そんな私が経験してきた方法をお伝えします。

 

*集客方法1はこちらをご覧ください。

 

2年目~はホームぺージで集客

知り合いを会員さんに、という方法が変わったのは2年目です。

この頃には、自分で勉強してホームページをワードプレスで作ってみました。

 

会員さんの中には、ビズライブラリーが低価格でサービスを提供してくれるからといろいろとしてくださる方があります。

パンフレットやロゴのデザインをしてくださったり、ホームページについていろいろ教えてくださったり、差し入れをしてもらったり。

ホームページについては、アドバイスをいただいたおかげで、ホームページからの集客ができるようになりました。

それまでは、ホームページで集客をと言っているけど、できていない人を見てきたのでホームページで集客というやり方が眉唾だったのです。

でもきちんと考えて作ると集客ができるということを体験することができました。

ここからは、知り合いではない、いろんな方に来ていただけるようになりました。

やはり、ホームページの力は大きい!と感じ、同時にホームページを作るときに何が大事かも学びました。

 

 

ホームページを作るときに感じた大事なこと

  • ホームページで何をしたいのかを考えておくこと
  • 自分でも勉強すること

何をしたいか分かっているからホームページを作るのに何を言っているのかと思うかもしれませんが、案外このことをきちんと考えずにお願いしていることが多いように感じました。

「何となくあったほうがいいと思って」とか。

 

知らない人にも来てほしいと宣伝を目的にするのと、今までの業績をまとめておいて知り合いに見てもらいたいというのでは作り方も違うと思います。

というようなことが分かったのも最近です。

何となく、ホームページあったほうがいいかな~という認識でお願いすると、作ってくれる人や会社が自分の考えややりたいことを引き出して、形にしてくれるという、いい人やいい会社に当たればいいけどという運頼みの状況に。

 

また、コンセプトがはっきりしていても「こんな感じ」と自分の中のイメージを口頭だけで相手に理解してもらうのは難しいもの。

どうしたらきちんと伝わるか、ホームページを作る人たちがどういう風に伝えてもらったら仕事がしやすいかを理解しておくとより良いものができます。

せっかくお金を出すならきちんと考えて、きちんと伝えたほうがいいですよね。

そのためにも自分も勉強しておくことでより満足できるホームページができると感じました。

 

私は、このホームページはほぼ自分で作りましたが、Webデザイナーの会員さんに少し直してもらっています。

お任せして良い方だったので、そのまま投げちゃいましたが(笑)

 

3年目~は集客できる仕事にフォーカスするためにいろんなことをやめました

名刺を配る時間を減らした

交流会や各種イベントに行く回数はだんだん少なくなりました。

交流会やイベント自体はお客様を増やす場所として効果的な場です。

ただ、それよりもホームページをきちんと作ることでスペースについて知ってもらうほうがお客様につながりやすいと感じました。

職種によると思います。

ビズライブラリーは、基本的には毎月会費をいただく仕組みです(1日利用もできます)。

とりあえず1回行ってみよう、という場所では基本的にないだけに、少しハードルが高めなのかもしれません。

なので、入会前の不安を取り除く意味でもホームページの充実を意識して行っています。

直接会うことは、私の人となりを知ってもらえるという利点がありますが、運営者が誰かというのと同じくらい心配に思うのがスペースの雰囲気なのでしょう。

それを説明するのはなかなか難しいのと、時間内では少し時間が短いのかもしれません。

 

 

イベント、セミナー開催は限定的に

オープン当初から、イベントやセミナーを多く開催してきました。

目的はイベントやセミナーに参加してくれた方が会員になってくれることです。

でも、何年かやっていると気が付きました。

イベントやセミナーに参加する人のほとんどは会員になることはありません。

 

このころになると常時使ってくださる会員さんが増えてきたこともあり、主催はビズライブラリーもしくは、会員さん限定としました。

最初の頃は会員でない方にも主催をしてもらって、集客、宣伝を手伝っていました。

振り返ると面白い経験でしたが、仕事として考えると時間も手間もかかってしまっていました。

 

たくさんのイベントをしたからいろいろと見えましたが、スペースの広さ、会員さんの使いやすさ、集客などを考慮した結果、現在はイベントの数は少なくなっています。

 

 

アメブロをやめました

この頃にはアメブロを止めました。

無料で利用できるものはなんでも利用しようと、ホームページ(サーバー代、ドメイン代は必要)、Twitter,Facebookページ、アメブロとやっていました。

アメブロでは宣伝効果は低いと感じ止めることにしました(2年やって、効果は、勉強会参加者が1名のみ)。

ビズライブラリーを利用してくださる方とアメブロを閲覧する方とが違うということが分かったのです。

お客さまは誰か、ということを考えた結果です。

集客のためと思って始めたアメブロでは結局効果はなかったのに、止めるのはとても勇気が要りました。

とりあえず始めるというのもいい面もありますが、やはりもう少し考えてから始めるようにしたほうがいいなあと思った出来事でした。

 

ショップカードを置く効果は?

ショップカードも何店舗かおいてもらいましたが、全く効果がなく、止めることにしました。

見学に来られたり、会員になっていただく方にはどうやってビズライブラリーを知ったかお聞きしますが、一度もショップカードからというのはありませんでした。

3年ほど継続したと思いますが、こちらはきっぱりと止めました。

 

 

効果を測ること、効果がなかったことをやめる決断は大切

何でもそうですが、自分がやったことがどれだけ効果があるかを測れる範囲で測るというのは大事だと感じました。

効果を考えて、その方法を継続するかどうか、始める前に決めておくと止める判断も速やかにできると思います。

 

とりあえず動くことはできるけれども継続できなかったり、効果を考えなかったりしていました。

要はやったことで満足してしまう。

それではダメだなという至極当たり前のことを学んだのです。

当たり前って難しいですね。

 

結局

  • スペース外に出かけて名刺を配る時間をホームページ作成に当てること
  • イベント開催を限定したことで、より集客できることに時間をかける
  • アメブロの更新をやめたこと
  • ショップカードを作成、配布する手間を減らしたこと

これらの時間を会員さんへのサービスや集客のために使うようになりました。

することを減らすことにより、時間を作ることも集客方法の一つとして挙げておきます

 

集客のポイントは、ホームページとやるべきことに集中すること(Biz Libraryの場合)

今は、同じ状況で集客を続けています。

いろいろと試してみて、現在に至ります。

私のように、人脈、お金もなかった人間でも4周年を迎えられたのは、良い会員さんに恵まれたこととホームページの力が大きかったと思っています。

 

私は図書館司書として図書館に勤務していたため本が身近にあったので、割合よく読んでいました。

なので、集客の方法やビジネスについての本もある程度読んだのですが、読んだだけでした。

何も活かせていなかったので、読書は娯楽でしかなかったのです。

私がここに書いたことも読んでくださった方はどこかで見たことがあること、聞いたことがあることだと思います。

もし、それでも集客ができていないと感じていたら、それは知っていても理解するまでに至っていないか、実行するまでに至っていないかということになります。

考えるというのは本当に難しいことです。

それでも少しだけそういう時間を作ってぜひ考えてそれぞれの答えを見つけ、行動してもらえたらいいなと思っています。←自分へ向けての言葉でもあります。

 

業種や職種にもよると思いますが、参考になれば幸いです。