大阪・梅田のコワーキング図書館。月会費5,800円。コワーキングスペース、住所利用、電話取次ぎも。
TwitterFacebookGoogle
大阪市北区西天満4丁目11-8-701(MAP)

06-6809-5827(お問合せ)

平日
13~22時
土日祝
13~20時
休業
月曜日/祝日の翌日

停滞期の乗り越え方

体重を減らす際に一番辛かったのは停滞期です。

今回は停滞期の乗り越え方について書きます。

 

停滞期が約3カ月も続いた!

ネットで調べてみると停滞期は2、3週間と書いていることが多いのですが、私は約3カ月も続いたので以下のように悩んだり、試行錯誤していました。

2016年の秋ごろです。画像の頃、微減はしているのですが頑張っている割にはまったく変わらない体重にうんざりしていました。あすけんという食事記録のアプリの画像を使っています。

  • これだけ体重が落ちないのは、これがベスト体重だからじゃないのか(でも、この体重じゃいやだ・・・)
  • 食事をもっと減らせばいいのでは(でも、これ以上減らすと元に戻した時にリバウンドするのでは・・・)
  • 運動の量が足りないのか(週3,4回のボルダリングと週1回のランニング以上にまだ必要?)
  • いっそここでダイエットをやめるか?(でもここまで頑張ったのに・・・)

などなど。

頑張っているのに数字として成果が出ないのは本当に辛いです。

さらに、こんなに長く停滞期が続くという例がネットでもあまり探せなかったので、余計に焦っていました。

この辛い時期を精神的に、そしていろんな工夫をしてみたのでそれらが参考になるかもしれません。

 

<精神的>

焦らない、落ち着く

まずはこれです。めちゃくちゃに焦っていました。

別に誰かと約束しているわけでも依頼されているわけでもないのですが、とにかく頑張ってるのに体重が落ちないという状況から早く逃れたい一心でした。

当たり前の話ですが、焦ったところで体重が減少するわけではありません。なので、まずは落ち着くことが一番大事だと感じています。

 

数字は記録するけど、停滞期だと割り切って気にしない

なかなか難しいことですが、気にしないのが何よりも大事なことです。いったん数字はおいておく。

気にしないことができたら大丈夫です。ただ、なかなかこうは思えずに悩みます。よね?

体重計に乗らない、測らないというのも一つの方法ですが、私はおススメはしません。やはりいつでも現状は把握しておくほうがいいからです。

 

頑張った自分を褒める、甘やかす

普段頑張っている自分を精神的に存分に甘やかしましょう。

少なくとも体重が落ちないことを責めてはいけません。ご褒美もいいかもしれません(食べること以外で)。

また、停滞期の長さは人によっても違うようです。私は約3カ月も続いたので人によって違うんだと認識されて、でも行動(食事制限、運動など)はそのまま継続しましょう。

 

ダイエット成功者に話を聞く

ダイエットに成功している人が身近にいたならぜひ話を聞いてみましょう。

停滞期を経験されている方がほとんどだと思います。どうやって乗り切った?という方法を聞くことも有効ですし、辛いと感じている気持ちも理解してもらいやすいはずなので精神的に楽になると思います。

 

家族、友人、恋人などに「大丈夫」と言ってもらう

周囲にダイエットに成功したという人がいないなどの状況のときは、周囲の人に「大丈夫だよ」「頑張っているね」「もうすぐ変化があるから」などの言葉をかけてもらうようにしましょう。

言ってもらう言葉は自分で用意してお願いするのもいいでしょう。

他人からの一言で随分と気分も落ち着きます。

 

 

<工夫してできること>

食事記録を改めてしっかりつけて見直す

停滞期だ~!の前に、意外に食べ過ぎていたということもあります。

改めて、食事を記録する、既に記録されている方は飲み物までもしっかりと記録し、それらを見返すと食べ過ぎていた、順調に体重が落ちていた時とやり方が変わっていたなど、痩せない理由が見つかるかもしれません。

 

金魚鉢くじ

以前に『スタンフォードの自分を変える教室』実践ワークショップを行っていた際に、本の内容を参考にダイエットに活かせるようアレンジしてやってみてブログにしたものです。

やり方はこちら → 金魚鉢(くじ)を作ってみました~ダイエット編~

必要な物は紙とペンだけ。停滞期だと感じたら、ちょっとした遊びも加えながら乗り切ってください。

 

有酸素運動の回数や量を増やす

有酸素運動をすると痩せやすいと感じています。

回数、距離や時間を増やすなど有酸素運動を増やすと体重が落ちることもあります。無理のない範囲でお試しください。

 

<停滞期を乗り越えて思ったこと>

頑張った分だけリバウンドはしにくい(と思う)

自分で頑張るにしても、誰かの助けを借りて頑張るにしても、頑張って手に入れた身体というのは愛着もあるし、もう以前の体型には戻りたくないと頑張った分だけ強く思えるのではないかと思っています。

何よりも体型が全く違う!以前の身体にはもう絶対に戻りたくありません~。

そして、もっと良い身体を作るためにどうすれば良いかと考えるようになり、実行しているのできっと今日が私史上最高の身体ということに理論上(?)はなるはずです。

また、どういう方法にしてもこうやって頑張ったというダイエット方法が身についているので仮に体重が戻りそうになったらそれらを繰り返しやればいいのです。

世の中には、いかに簡単に手軽に痩せるかという広告があふれていて、多くの人がいかに簡単に痩せられるかを模索していますが、私自身は楽に簡単に痩せられる方法はないと思っています(今のところは)。また、それらに頼って痩せた場合は一生それに頼らなければ痩せられないということになる可能性も高いように思います。

頑張ることを楽しみましょう(^^)/

頑張らなくても痩せていく、というのはもちろんいいなあ~と思いますが(#^^#)

ダイエットに関しては、努力は裏切りません。やった分だけ成果がでると自分を信じて目標まで継続していきましょう。

 

やはり一人では継続しにくいという方は毎週土曜日開催のタスク管理もくもく会でご一緒に目標を設定していきましょう。私も可能な限りアドバイスします(^^)/