どこで食べようかな?と思ったときの参考に。

私が美味しいと思ったお店について書きます。

お休みの日に箕面に行ってきました。この日の目的は、箕面の滝でも紅葉でもなく、映画です。

私もえ?映画館なんて梅田でも難波でもいくらでもあるじゃないかと思ったのですが、IMAXシアターという特別な映画館があるため。

ということで、109シネマズ箕面に『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』を観にいきました。シネコンの映画だとか(ミニシアター好き)、アライグマが主人公とか(動物ものなら分かるけど)、そもそも箕面に映画?

といういくつもの「う~ん」な素材を抱えて、それでも3Dは観たことあるけれどIMAXは観たことがないし、誘われたし、一度観ておくか、ぐらの気持ちで行ったのですが、とてもよかったのです。

3Dと違って、画面が明るくて、映画に集中できるというか、没入できます。音もよく、映画の世界を堪能できます。映画の途中は完全に自分がどこにいるかを忘れていました。ザ・ハリウッドな映画で、お話も楽しめました。テレビやDVDで観るのとはまったく違います。

もし、まだご覧になられていない方はぜひ一度とオススメしたいIMAXシアターです。

なので、オススメごはんの記事なのに、映画のことをいろいろと書いてしまいました。

さて、ここからは、オススメごはんの紹介です。

この109シネマズ箕面は、イオンモールの中に入っています。どこで食べようかと、うろうろとしていたときに、偶然、道を挟んだ向こう側(方角など不明)にカレー屋さんを発見。箕面ならでは(かどうか分からないけれど)のカレー屋さんならと思い、入ってみました。

Bruno Garden さん。「本当に美味しいカレーを食べたことがありますか?」という挑発的(?)な文句が。

IMG_20141005_162630

お店の入り口はこんな感じ。

IMG_20141005_162625

カレーは、甘口、辛口、激辛から選択できます。こちらのお店は、「甘口でもスパイスが効いているので、通常の中辛です」と説明を受けます。私は辛いものが苦手なので、甘口が選択できるカレーの中から、トマトカレーを選びました。

IMG_20141005_154539

お値段は1200円(2014年10月現在)。

カレーにしては、少々お値段高めですが、価格は一番安いものです。バターライス(上に、フライドオニオンやレーズンが乗っていて美味しい!)と薬味6種(チーズ、福神漬け、ラッキョウ、紅生姜、ピーマンのピクルス、ピクルス)はおかわり自由です(ルーは、有料)。

カレーは、とても美味しかったです。丁寧に作られているのが感じられました。

ごろごろのチキンのコクと丸ごとプチトマトの酸味がカレーとよく合っていました。

バターライスのお替りは、いつも別のお皿で持ってきてくれる(蓋付き)など、仕組みとしてとても丁寧です。青いお皿とカレーの彩りもキレイでした。

「本当においしいカレー」というキャッチフレーズは人によって感じ方はさまざまでしょうが、また行きたいと思える美味しいカレー屋さんでした。