本に書かれてある知識を実際に「売り」にかかわる現場で活かしてみる。そして何らかの成果をあげる。―こんな醍醐味をぜひ味わってほしいと願っています。

この会では、テキストを読みながら、

「この部分のこの表現、ハッとしませんか?ちょっと言葉を変えると、みなさんの現場で使えませんか?」
「この解釈、すばらしいですよね!言われてみればよく分かりますよね。このことをみなさんの持ち場で意識してみませんか?」
「この観点使えそうでしょ。こう見ると、お客さんの『見えないもの』が見えてきますよね。」・・・。

こんな感じで、テキストのポイントをまとめながら、みんなでディスカッションをしていきます。そんな中から「売り方」のヒントをつかんでもらえればと思います。新しいヒントが得られれば、明日に向かってより元気になると思います。

<1>「省読会」とは
本を1冊読み切るのは大変なことです。この会では、当日 講師が本のポイントを解説することで、受講者が事前にテキストを読まなくても参加できるように(つまり「読」むことを「省」ける)なっています。

<2>この会の目的
本講座の目的は、受講者に「『売り方』のヒントをつかんで元気になってもらう」ことです。
主に次の3点からヒントをつかんで欲しいと思います。

●「顧客接点」という大事な考え方
●さまざまな事例についての著者の「解釈」「言い換え」
●講師の経験から役に立っている「売り方」の着眼点

<3>テキスト
テキストは次の通りです。実況調ですので読みやすいです。
●水口健次『実況!“売る力”を6倍にする戦略講座』(日経ビジネス人文庫、2006年)

※お手数ではございますが、各自ご用意願います(入手困難な方は事務局までご連絡いただけませんでしょうか。若干数はこちらで用意しておりますので)

<4>この会の進め方
1.講師がポイントをテキストの本文を読みながら、説明していきます。

2.1つの話のまとまりごとに、参加者からの質問や疑問点などをつのり、みんなでディスカッションをしていきます。

3.その際、日頃お仕事をされている上で、疑問に思うことや分からないようなことも関連してお話し下さい。そのことについてもみんなでディスカッションをしていきます。

4.最後は、講師の「まとめ」で本日の内容の「おさらい」をします。

<5>こんな方におすすめ
営業、販売、接客、企画、広告などマーケティング関連のお仕事をされている方で、特に
●上記のお仕事につかれてまだ経験がそれほどなく、手探りの状態で悩んでいる方。
●周囲から「お客さんの要求にただ合わそうとしてるだけ、もっとこちらから提案をしないと」と言われ悔しい思いをされている方。

<6>日程・参加費
日時:6月1日(土)10時~12時30分
場所:Biz Library
参加費:会員500円、 一般1,000円(お茶、お菓子付)

講師:益田 優
いくつかの市場創造にかかわるなど法人営業の豊富な経験をもつ。消費者向けについても、現在は、ネット通販で、企画・販促・コンテンツなどの総合的などディレクションを行いながら自らも電話口で対応をしている。これまでの経験と新しい知見をくわえ、「小さなイノベーションを、ご一緒に」とスモールビジネス向けにコンサル活動も展開中。