イベントレポート

まずは、シナリオプランニングの説明。

1、課題を設定

問題にどう対応するか、時間軸を考える

2、情報収集

トレンドを理解し、シナリオの輪郭を作る

楽観的にみるとどうか、悲観的にみるとどうか

顧客はどう変わっていくか

戦略=選択と集中(どれを捨てるか・セグメンテーション)

3、未来を動かすドライビングファース

未来に大きな変化をもたらす何か

PESTモデル

考えていく中で大事なのは、

ブレインストーミング

現在から10年以上先のドライビングフォースを100項目以上あげる

4、3であげたものの中から、分かれ道になる要因を見つける

未来の姿の違いを浮き彫りにする

5、実際のシナリオを考える

シナリオマトリックスを考える

6、骨組みに肉付けし、ストーリーを描く

7、検証し、追加調査項目を特定

理にかなっているか、矛盾はないか

一貫性はあるか

変更すべき点はあるか

8、とりうる対策を決める

9、実現しそうな目印を探しておく

10、観察し、更新、評価をしていく

Point!

  • 図や表で書いて、さらに言葉にしておくことも大事
  • 何をすれば成功するのか
  • 具体的な項目をあげる

ワークショップ

1、参加者の課題を一緒に考えます

課題をもとに出た意見

  • まず、案を作ることが大事←批判、批評する人はたくさんいるから
  • 社内でシナリオプランニングチームを作ることが大事←一人ではできない
  • 社内のキーパーソンを巻き込んでいく←政治的に動くことが大事
  • 皆が会社のことを思っていて、やりたいわけではない
  • オフサイドミーティングで形を作っていくのもあり
  • ストーリーの魅力度←面白いからやってみようと人に思わせるように

2、次に戦力を一緒に考えます

・サントリー VS キリン の場合

・アマゾン VS 楽天

・アップル

・コダック VS 富士フィルム の場合

・セブンイレブン(お客さん視点しかない、らしい)

モノだけじゃなくて、文化を変えている

環境の変化があった場合に自分も変化ができるか、変われる力があるか

3、最後は一般的優位性に対応できるかの自己診断

  • 常に変われる自分でいられるか
  • 準備ができているか
  • 複数のネットワークを持つことの大切さ
  • マインドセットを変えることが大事
  • 違和感を持つことが大事

自分ではどうしようもない環境の変化がある

それにどう対応するか

紹介された本

『ストーリーとしての競争戦略』

『競争優位の終焉』

業界を超えて見なければいけないということが書かれている

*自己診断はこの本から

『シナリオ・プランニング』

イベント告知 

  •  シナリオプランニングって何?
  •  シナリオプランニングをもっと活用したい
  • 予測不能な状況に対する準備を行いたい

などを考えられている方のご参加をお待ちしています。

今回のセミナーでは、シナリオプランニングの考え方、

導かれる戦略の話と、参加者の会社の実例を元に、

参加者同士で考え、 シナリオプランニングの考えで

解決方法を一緒に導くワークを行います。

<こんなことを学びます>

・シナリオプランニングの思考

・シナリオプランニングの活用方法

シナリオプランニングは、組織の人々が

パフォーマンス向上に 集中することを目的としています。

始めて聞いたという方も、

活用したいけれどもできていないという方も

理論とワークを 行いますので、わかりやすく学ぶことができます。

<日 時> 7月20日(日)10時~12時

<場 所> Biz Library

<参加費> Biz Library会員2500円、一般3000円

<宿 題> 組織の課題を一つ考えてきてください

(参加者全員の課題が取り上げられない場合もあります)

<講 師>瀧川 雅行(タキガワ マサユキ)

関西学院大学専門職大学院経営戦略研究科 非常勤講師

セオリアファーマ(株)マーケティング部 部長

複数の外資系製薬会社で、営業・マーケティングを経験。

マーケティング・営業研修等で講師を多数務める。