「Googleやfacebookの採用基準、実は「いいひと」です。
「いいひと戦略」とは、21世紀の超情報社会において個人が生き延びる最適戦略です。
ネット時代である現代のリスク管理です。
いいひとだよ、という評判こそ個人戦略上、最も手堅く強い効果を発揮します。

amazonより。

日本の経済が貨幣経済社会から、評価経済社会(相互に評価しあうシステム)

になりつつあると第1章で述べられています。

この評価経済社会で生きやすい人、成功できる人が「いいひと」だということです。

この本の戦略

「「いっけん損に見える言動が、実は長期的には利得になる」これが本書で述べている「いいひと戦略」です。」

この本の目的

「つまり、あなたの周りにも「いいひと」が沢山集り、住みやすい環境を作ることが目的です。」

「いいひと」と一緒にいると、居心地がいい

いい人と付き合うためには、自分もいいひとになる

いいひとの定義

心の美しさや綺麗さでなく、人に親切にする「行為」「本当のいい人」になるのではなくあくまで戦略

自己啓発本には意味があるのか?

自己啓発本のゴールはだいたい以下にまとめられ、そうではないのでは

ないかと提案しています。

  1. 金持ちになる→かつての万能性を失った
  2. 頭が良くなる→頭がいい人がすべて幸せか?
  3. 情報通になる→情報通の人の中には、他者を必要としない人もいるけど、私たちは他者がいないと幸せを感じにくい存在です。
  4. 有名になる→評価の使い方を知らなければ、知名度をもてあます。

ネット時代には、身近にいる人以上にいろんな人を探せる、そういう人たちに好かれたほうが手っ取り早い、だから自己啓発が目指すゴールの価値が下がっていると。

「各方面の人たちからモテること。愛され度を最大化すること。これが現代人に求められるスキルです。」

著者は、『いつまでもデブと思うなよ』という本を書いた方。

この本の中で、「デブは太る努力の結果だ」と書いています。

性格も「自分で作り上げた思考パターン」を努力した結果だと。

いいひと戦略の反論

1、「本当のいいひと」じゃない

傍にいる人からみての「評価」が大事。

2、メッキはすぐにはがれる

失敗しながら上達していく

3、「いいひと」は損をする

長期的視点に切り替える。

損をしたときに、イヤな人がわかって、付き合わなくなり、結果周りがいい人になる。

などなど

いいひとになるには?

イヤな人になる努力をやめる

  • 欠点を探す
  • 悪口で盛り上がる
  • 悲観的・否定的になる

年長者から言われていたこれからの言葉は

昔からあるいいひと戦略

  • 「ありがとう」「すいません」は人間関係の基本
  • 「冠婚葬祭には如才なくつきあうように」
  • 「ホウ・レン・ソウをしっかり」

私たちは失うことに目を向けてしまいがちで、情報を公開するリスクばかりを考えがちですが、公開することで得られるメリットを考えるとそんなに怖いものではない。

多くの人は、他者と関わりたいと思っているけど、傷つけられることを恐れて、結局誰かから声をかけてくれるのを待つ。でも、いいひと戦略を取っている人の周りには、いい人が集ってくる。

たくさんの例も書かれていて、読みやすい本です。

私は共感できる部分が多かった本です。

  • 「いいひと」になりたいと思うこと
  • 「いいひと」になる努力をすること

こういう人が増えるととても生活しやすくなると思うんです。

結局、生涯そんなに深く付き合う人間が多いわけではないので、表面的でも偽善でも、「いいひと」が増えてくれるといいなと思います。

私の中の「いいひと」は相手の立場を想像して、行動に移せるひとのことです。

想像だけだと相手に伝わらないので、やはり、行為は大切ですね。