自己啓発本、読まれますか?
今回は実行することが大事であることをお伝えしたいと思います。

成長した良い気分になれる

自己啓発本、私は大好きです。
読み終わった後に自分が成長したような気分になれるのが何よりも大好きなのですが、もちろん、読んだだけでは何も変わっていないんですよね。

そのことに結構長い間気が付きませんでした。

気が付いた後は?

さて、50冊以上も読んだところで気が付いたことがありました。どの本も書いていることが似ているなということです。

どの本にも書いてあるということは大事なことだということですね。
ただ、それが分からずに「同じことばかり書いてあるからもう知ってるし、読まなくていいか」となり、読んで実行するようになったのではなく、もう知っているから読まなくていいかということになったのです。

知識ばかり増えて、でも実行をしていないので何も変わっていない、知ったかぶりの私が出来上がったわけです。

結局人との出会いだった

私が本を読んだだけではダメなんだと気が付いたのは、結局いろんな人との出会いでした。

それからはまた自己啓発本も読むようになりました。今度はお手軽な成長感は得られないのですが、読んだだけで満足することもなくなりました。

ちゃんと気が付ける人は気が付けると思いますが、私は残念ながらそうではなかったので、いろんな人との出会いに感謝しています。

一人でできない時は他人を巻き込む

実行が大事なんだなと分かったとしても、どうやったらいいの?から始まって結局一人ではやらない、というのが基本かなと思います。私もそうでした。

一人でできる人なら既に行動に移せているんですよね、できないということは一人でやることを諦め、誰かに頼るのが一番です。

私がやったこと
・読書会や勉強会への参加
・読書会や勉強会を自分で立ち上げる
・アプリを利用
です。
既にされている方のところに参加したり、自分で開催したり、それが難しい、日程が合わない場合はアプリなども利用してまずは、誰かと一緒にやるという環境を整えました。

読みっぱなしにしない

娯楽以外の目的、勉強や知識を増やすための読書は、社会人になってまでするには、時間もないし、仕事で疲れているし面倒だと感じる方もいらっしゃると思います。
それでも成長するというより、仕事をしている限りは、新しい知識を得ることは大事だと思っています。
読書はもっとも手軽で安価なツールの一つです。
読んだだけで満足せずに本に書いてあることを実行すること、アウトプットすること。
読むこと、読み終わることを目的、目標にしないことが大切です。

目的を決めてから行動する

趣味以外の読書は、目的を決めてから始めるということを考えてみましょう。
○○のために本を読む、〇〇したいから本を読む、という意志があると、読んだだけという状態はかなり避けられます。

さらに、目的があっての読書はただ読むよりも効果的に読める可能性が高まると思っています。例えばテストでも先に設問から読むと本文の設問に関係する部分を注意して読み、記憶に残るのと同じように、目的を決めて読むとその部分への意識が高まり、身につけたい知識が見つかりやすく、記憶に残りやすくなるはずです。

もちろん、いつも明確な目的がなければいけないわけではないし、目的がなければ読書してはいけないわけでもありませんが、これが将来の役に立つ、ここに活かしたいという気持ちがあると、読書もさらに生きるのではないでしょうか?

お勧めの自己啓発本

個人的に何度も手に取っている本です。どれも有名な本ばかりですのでまだ読まれていない方は一読をお勧めします。ビズライブラリーにもありますので、来られた際にはどうぞ。