先日、アンガーマネジメントのセミナーを受けてきました。
その際に学んだこと、感じたことを「時間」をテーマにシェアしたいと思います。

アンガーマネジメントとは?

1970年代にアメリカで生まれたとされている怒りの感情と上手に付き合うための心理教育、心理トレーニングです。
怒らないことを目的とするのではなく、怒る必要のあることは上手に怒れ、怒る必要のないことは怒らなくて済むようになることを目標としています。

一般社団法人アンガーマネジメント協会

なぜ怒るのか?

すぐ怒る人の特徴を調べてみると、小心者、完璧主義、劣等感がある、感情的、自分の意見が絶対正しいと信じて人に押し付ける、などがでてきます。

そういう性質を持ち合わせたうえで、さらに「期待」というのがもっとも大きな怒りの原因になるのかなと思っています。自分の「期待」通りにいかなかったから怒る。

・子供が自分の言うことを聞かない
・部下が頼んだ仕事をやってない
・レストランの店員さんに笑顔がない
などなど

この怒りというのは、相手は言うことを聞いて当たり前の下の存在であるという認識を無意識にしていて、その下の存在の人間が自分の思い通りに動かないなんて、けしからん、というヤツですね。

これが仮に上司だったらどうでしょう?お客さんや目上の人だったら?イライラや怒りを感じてもそれをぶちまけたりはしないはずです。

また、「期待」は自分に向けられる場合もあります。「私はもっとできるのに(できていない)」というものですね。ほどほどの怒りであれば、やる気にも変わっていいことですが、ストレスに感じるほどになるのは止めたいところですね。

怒ると時間がもったいない

私は、怒りを誰かにぶちまけるのは非常に時間がもったいないことだと思っています。怒っている時間は何の生産性もない無駄な時間です。

職場では私は怒ったことはありません。
部下にあたる人がミスをしたとしても、怒ってそのミスがなくなるわけでもありません。それより、次にそのミスをしないように一緒に考えればいいだけです。
また、自分の指示の仕方に問題がなかったかも同時に考えます。

そして、さらに困るのが、怒った相手が委縮したり、恨みに思ったりなどすると余計に仕事が進まなくなったり、仕事の邪魔をしたりで、さらに時間のロスになります。でも、それらはそうなってもしょうがないことだと思っています。これらも全て不適切な形で怒りを相手にぶつけるから起こることです。

なので、怒るということは、その場の時間+将来の時間をも無駄にする行為です。

怒りをコントロールするには?

考え方を変える

必要であれば考え方を変える必要があります。
アンガーマネジメントのセミナーを受けた時にも思いましたが。本当に必要な人は受講しない、ということです。

なので、もしかしたらと思われたらまずは本を読んだり、ネットで調べるのはお勧めです。

気づくための私が考えたチェックリストは以下です。
・職場や家で怒ることが多い
・他人はなぜ自分の言うことを聞かないかと思っている
・友人がいない
・部下(年下)にさけられている
・人付き合いが長続きしない
・人が自分と話したがらない、人と目が合わない
・自分が来ると、周囲の会話が止まる
・ヒマですることがない
・自分の機嫌を他人に取ってもらおうと考えている
・他人の都合や気持ちを考えたことがない
などなどです。

思い当たる方で、今後時間を作りたいと思われている方は学び、実践し、変わることで時間は生まれます。

環境を変える

怒りやイライラというのは、環境によるものも大きいものです。
イライラしている時間は有意義な時間とはいえません。

それが、どうも自分のせいだけではなく周囲にも問題があるのではないかと思ったときは、転職する、引っ越しをする、友人関係を見直すなど、環境を変えることをお勧めします。

私は過去に引っ越し、転職などでイライラを解消してきた経験があります。

自分ができることをすべて行ったうえで、それでもイライラするのであれば、ぜひ環境を思い切って変えてみることも視野にいれてみてください。


怒りを感じることは自然なことですが、その感情を相手に不愉快な形で表してしまうのは適切でないことです。
それは壮大な時間の無駄でしかありませんので、もし、時間が足りないと感じていたり、もっと時間が欲しいと思ったときには自分の怒りをコントロールするという視点も加えてみてください。
そうすることで、あなたの時間も新たに生まれますし、あなたの周囲の人の時間も生まれて、今よりよい環境になるでしょう。

以上が、アンガーマネジメントの講座を受けて考えたことです。
怒りをコントロールすることにはメリットが多いと思っています。もし、学びたいと思われたらネットで調べてみたり、本を読んで知識を深めてみてください。