大阪梅田のコワーキングスペース・自習室・会員制図書館 Biz Library [ビズライブラリー] | 読売新聞に掲載されました
大阪・梅田のコワーキング図書館。月会費5,800円。コワーキングスペース、住所利用、電話取次ぎも。
大阪市北区西天満4丁目11-8-701(MAP)

06-6809-5827(お問合せ)

平日
13~22時
土日祝
13~20時
おやすみ
月曜日/祝日の翌日

読売新聞に掲載されました

 

2013年11月4日(月・祝日)の読売新聞にBiz Libraryについて取り上げてもらいました。

http://www.yomiuri.co.jp/book/news/20131104-OYT8T00371.htm?from=osusume

 

記事全文

「会員制の有料図書館が登場している。利用者同士が交流できるイベントを行う図書館も多く、会社員らに好評だという。

森ビルが今年7月、東京・赤坂に開いたのが「アークヒルズライブラリー」。月会費9450円で、約400人が読書や資格試験の勉強などに利用する。飲食や電話もできるカフェなどもあり、全部で170席。

同社が、2003年に東京・六本木ヒルズに開いた「六本木ライブラリー」には、新刊のビジネス書など1万2000冊が並ぶ。利用者同士でプレゼンテーション(発表)の練習をしたり個人事業の研究をしたりと交流も盛んだ。ここを利用する自営業の男性(30)は、「様々な人と知り合え、最新情報を聞けるので役に立つ」と話す。

大阪市に昨年4月開館した「ビズライブラリー」は、司書が個人経営する会員制図書館(月会費4200円)。会員約30人が読書会を行ったり、仕事や打ち合わせで利用したりしている。

東京・渋谷の複合施設ヒルサイドテラスにある「ヒルサイドライブラリー」の書棚には、建築家のくま研吾さんやジャズピアニストの山下洋輔さんなど約80人の読書家が10冊ずつ選んだ本が並ぶ。年会費は1万円。

森ビルのライブラリーアドバイザー、小林麻実さんは「様々な業種の人と出会って視野を広げたり、ビジネスマン向けに選び出された最新の本を読んだりできることが、有料の会員制図書館の魅力でしょう」と話している。

公立図書館でも有料のサービスを取り入れ始めている。東京都千代田区の区立日比谷図書文化館には、間仕切り付きの有料の特別研究席32席がある。会員制ではなく18歳から利用できる。料金は2時間300円。終日利用は通常1200円、日曜・祝日は900円。

(2013年11月4日  読売新聞)」


こちらの記事は大阪版には掲載されていないようです。
少し前から電話取材を受けていましたが、読売新聞の記者の方は、とても丁寧に対応してくれました。
記事になるまで頑張ってこれたのは、会員さんをはじめ、関わってくださった皆さんのおかげだと感謝しています。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。