オンラインコワーキングスペースで利用している時間管理術、ポモドーロテクニックについてご紹介します。

25分集中、5分休憩のリズムで作業を進めていく時間管理術で生産性を上げていきましょう。

ポモドーロテクニックとは

1980年代にイタリア人のフランチェスコ・シリロによって考え出された時間管理術です。

「ポモドーロ」はイタリア語で「トマト」を意味する言葉です。 シリロさんが、大学生の時にトマト型のキッチンタイマーを使用していたことが由来だと言われています。

25分集中、5分休憩の1セットをポモドーロと呼んでいます。

1ポモドーロの進め方

  1. 1, 25分で行うタスクを選ぶ
  2. 2, キッチンタイマー、アプリ、タイマーなどで25分設定
  3. 3, タイマーが鳴るまでの25分間集中
  4. 4, 5分休憩
  5. 5, ステップ1~4を3、4回繰り返したら、少し長めに休憩します(15~30分)

ポモドーロテクニックの利点

時間を区切ることで集中できる

25分という一見、短いように感じる時間ですが、時間を区切ることで集中しやすくなり、結果、生産性があがりやすくなります。

だらだらとすると、1時間、2時間とかかることが集中すると25分で完了する、きっとそういう経験は誰でも持っているでしょう。その集中力や生産性をポモドーロテクニックという時間管理術を利用して再現します。

メリハリがつきやすい

25分作業、5分休憩という時間を区切ることでメリハリがつきます。

メリハリがつくというのは、だらだらしにくいということになります。作業時間は作業だけ、作業の合間のついついのメールやSNSチェック、こういったことを休憩時間に行うことができやすくなります。

きちんと休憩できる

長時間座りっぱなしは身体によくないということは多くの方がご存知のことと思いますが、では、休憩を取ろうと思ってもなかなか難しいことです。

ポモドーロテクニックを利用することで、5分の休憩時間は休憩がしやすくなります。身体も気持ちもリフレッシュして次の25分に集中できます。

やることがクリアになる

25分が始まる時にやることを確認します。これを作業時間が始まる前に行うので、いつもやることがクリアになります。

やめたいことも25分で終わりやすい

これは、私自身の使い方なのですが、人間、そうはいってもついついSNSをしたり、ネットサーフィン、ゲームをしていて時間が過ぎてしまったということはあります。人間なので笑

そんな時に、1ポモドーロ分も遊ぶと、そろそろ仕事に戻らなきゃという気持ちになりやすいので、今までついついだらだらとしていた時間も25分ほどで終了です。

それ以上は伸びることがありません。これも私には大きな利点です。

リフレッシュもできて、次のポモドーロはもっとうまくいきます。

工夫が必要なところ

自分の集中できる時間を知る

基本は25分集中、5分休憩のリズムですが、このリズムが合わない方もいます。その場合は、自分にちょうど良いリズムを見つける必要はあります。

50分集中、10分休憩というリズムの方はいらっしゃいます。25分だと短く感じられる方はこのようにご自身のリズムをみつける方が良いでしょう。

ちゃんと休憩をとる

5分の休憩、ついつい作業をしてしまって・・・。というパターンはよくあります。

休憩は休憩としてしっかり取ることで次の25分集中できますので、ぜひ意識して休憩も取りましょう。

タイマーを設定し忘れる

忘れやすいなという方は、アプリで管理したり、毎時0分と30分からスタートするなどわかりやすい時間にするなどの工夫をするのがおすすめです。

誰かがやっていると、やる気になる効果

オンラインコワーキングスペースのイメージです

オンラインコワーキングスペースでは、誰かがやることを宣言していたり、スタンプやコメントで応援してくれますので、ポモドーロテクニックとあわせることでより物事が進みやすくなります。

あなたのご参加もお待ちしています。