有名ではあるけれど、今まであまり観光客がいない場所を観光していたこともあり、このエリアに来ると、人も多く、観光してる!とテンションがあがります(笑)

ロンドン塔は昔、牢屋でもあった場所

IMG_20141105_142925

優雅な牢屋です。

それもそのはず、もともと城塞として築かれ、国王が居住する宮殿としても使われていたそうです。

このときは雲がかかっていて、どんよりした感じが、私がイメージしていたロンドンです。というのも、想像以上にお天気もよく、明るいと思ったものでした。

小学生のころに読んだ『シャーロック・ホームズ』のイメージが私のロンドンのイメージです。

装丁もこんなにオシャレではなかった・・・。

想像していたお天気は良い意味で裏切られ、滞在中は、とても良いお天気でした。

雨はパラパラと降りますが、すぐに止みます。寒さは東京と変わりありません。

この日はロンドン塔がこんなことに!

IMG_20141105_143048

お堀が真っ赤!

実はこの赤はポピーのお花です。本物ではなく、セラミック製。

第一次世界大戦の開戦から100周年を記念して、対戦中に犠牲になった英国と植民地の兵士を象徴した888,246本のポピーを配置。

100年前に英国が第一次世界大戦に突入した2014年8月5日に公開され、11月11日に最後の一本が植えられるそう。

こんな感じで人が植えています。

IMG_20141105_143815

このポピーはというと、駅などでポピーの寄付を募っていて、寄付をした人にはこんな紙のポピーがもらえます。

IMG_20141106_093335

寄付の額はいくらでもいいそうです(友人Aのご主人も寄付されていたようで部屋においてあったものを撮影)。

ちなみに、セラミック製のポピーはイベント終了後販売されているそうです。

25ポンド(約4,300円)。高い。ポンドが高い・・・。

ロンドン塔へは入らず、そのままタワーブリッジへ。

IMG_20141105_144540

ガイドブックでイメージしていた大きさとは違い、連れて行ってくれた友人Bを疑う始末。

すみません、すみません。

IMG_20141105_145631

下から撮影しました。

上にも登れるようですが、他にも行きたい所があったので、橋を渡り満足です。

 

写真スポットで友人と撮影する際、女性にお願いしたのですが、「二人ともとっても美人に写ってるよ」というようなことを言ってもらい、その後ずっと嬉しい気持ちが続いていました。

人が嬉しいと思う言葉が自然に出てくるって素敵なので、真似しようと思っています。